ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

Kindle(Paperwhiteマンガモデル)を2週間使ってみてわかった使い心地と感想

f:id:matomepro:20180516182859j:plain

先月、割引セールをやっていたので「Kindle Paperwhiteマンガモデル」を購入しました。 

 

約2週間使ってみたので、感想を書いておきます。

 

Kindle(Paperwhiteマンガモデル)を使ってみようと思った理由

Kindleの説明は販売ページに任せるとして、ここでは、Kindle(Paperwhiteマンガモデル)を購入した理由について少しだけ説明しておきます。

 

僕は以前からAmazonの電子書籍は購入して読んでおり、これまではパソコン版のソフトをインストールして電子書籍を読んでいました。

パソコン版ソフトはウィンドウズ・マックの両バージョンが用意されており、無料で使えます。

Kindle for PC [ダウンロード]

 

そのため、わざわざ端末版のkindleを購入しなくても、電子書籍が読めるならパソコン版でも十分だと思っていたんです。

 

実際、「電子書籍を読む」という行為においてはパソコン版でも十分でした。

購入した電子書籍はいつでも読めるし、マーカーをひいたり目次から該当ページに移動することができたり、電子書籍らしい読み方ができます。

kindle パソコン版

kindle パソコン版 マーカー

 

しかーし!パソコン版kindleでは絶対にできないことがありました。

それは…

 

布団の上でゴロゴロしながら読む

ことです。

 

パソコン画面で電子書籍を読む場合、床に寝そべりながら読んだり横向きに読んだりすることができません。

 

漫画に限らず、本を読む時はリラックスして、ダラダラしながら読む方が多いのではないでしょうか?

 

パソコン版kindleでは

  • リラックスしながら
  • ダラダラしながら

読むには不便です。

 

電車やバスなどでの移動中に読む場合にも不便だったので、専用端末としてのkindleを購入しました。

 

また、kindleの中でもマンガモデルは他のモデルよりも保存容量が大きく(32GB)、そのわりに値段は他のモデルとたいして変わらないのでお得だと感じたのも購入理由です。

ときどきキャンペーンで割引価格になっていることがあるので、チャンスがあれば安いときの購入をおすすめします。

 

Kindle の感想とメリット

専用端末のkindleは使い勝手がとても良いです。

布団の上でゴロゴロしながらでも読めるし、軽いので持っていても腕が疲れません。

 

またページを送る際、スマホのように画面を指でなぞったりしなくても、画面の右下か左下を指で軽く触れるだけでページが送れます。

つまり、片手だけで操作できるということです。これは地味に嬉しい機能です。

これなら、床に横向きに寝そべっている姿勢でも、楽に本が読めます。

 

それからこれはパソコン版kindleにはなく、端末版kindle独自の機能だと思うのですが、他のユーザーがマーカーを引いた箇所が文章中に表示されます

kindle マーク

 

他のユーザーがマークした箇所なら大事なことが書かれているとすぐにわかるので、なんとなく読んでいるときでも、大事な部分を見逃さずに済みます。

 

  • 寝ながら読める
  • 腕が疲れない
  • 片手で操作できる
  • 大事なところを見逃さずに済む

というのが、kindleのメリットですね。

 

kindleには外部にボタンが1つしかなく、スマホを使ったことがある方なら説明書を見なくてもすぐに使えます。

シンプルなデザインで誰にでも使いやすい設計がされているのも、kindleの魅力ですね。

kindle ボタン

 

Kindleのデメリット

Kindleにはデメリットもあります。

  • 1ページで読める情報量が少ないこと
  • モノトーンカラー(白黒)であること

です。

 

文庫本や一般的な本のサイズだと、見開き2ページ分の文章を一目で見渡すことができますが、kindleだと片側1ページ分の文字しか一度に見ることができません

そのため速読には向いておらず、ゆっくり読書したい方に向いています。

 

kindleでは文字のサイズを大きくしたり小さくしたりすることもできますが、文字サイズを大きくした場合、さらに1ページで読める情報量は減ることになります。

 

また、パソコン版kindleではマーカーや表紙などが色付きで表示できましたが、端末版のkindleではモノトーンカラーの白黒でしか表示できません

キンドル モノトーン 白黒

 

この辺は好みが分かれるところですが、どうしてもマーカーや表紙をカラーで表示したいという方は、購入しない方が良いでしょう。

 

Kindleはおすすめなのか?

以上のようにKindleには、

  • 横になって寝ながらでも読める
  • 腕が疲れない
  • 片手で操作できる
  • 大事なところを見逃さずに済む
  • 操作方法が簡単

というメリットがあります。

 

読書が好きな方にとっては、

  • いつでも
  • 手軽に

好きな本を読めるのは嬉しいですね。

 

  • カラー表示できない
  • 1ページで読める情報量が少ない

ことは難点ですが、これに目をつぶることができるのであれば購入しておいて損はありません。

「読書が好き」という方は、購入を検討してみてください。

Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデルはこちら

 

Amazonではお得なキャンペーンをやっています。こちらもあわせてどうぞ!

www.matome-pro.com

興味のないジャンルの本を読む2つのメリット。タイトルを見ずに本を買おう!

f:id:matomepro:20180407110402p:plain

ルーレットのようにランダムな方法で選んだ本を読むメリットをご紹介します。

 

普段読まないジャンルの本を読むメリット

ぼくはときどき近所の本屋さんに行き、自分にとって一切興味のないジャンルの本を買うことがあります。

 

主にハウツー系の文庫本コーナーへ行くのですが、書棚の前で目を閉じ、目の前の棚の中から適当な本を1冊選びます。

そしてその本の内容やタイトルに関わらず、その本を必ず購入して読むようにしているんです。

 

普段から読書する習慣がある人でも、自分が興味を持たないジャンルの本を読むことは少ないのではないでしょうか?

 

興味のあるジャンルの本だけを読み、興味のないジャンルの本は読まない。

これは一見、普通のことのように見えます。

 

は?当たり前だろ?と思った方もいるでしょう。

 

しかし、自分にとって興味のないジャンルの本も、定期的に読んでおいた方が良いです。

 

というのも、普段自分とまったく接点のない、興味関心もないジャンルの本を読むことで、2つのメリットがあるからです。

 

メリット1、雑学が学べる

メリットの1つ目は、雑学が学べることです。

 

日本人であれば、人生は80年くらい生きるのが普通の時代です。

あなたが今何歳なのかはわかりませんが、これから先の人生でどんな事が起こり、どんな人たちと交流を持ち、どんな知識が役に立つかはわかりません。

 

自分が得意とする専門分野以外のジャンルの知識を頭に入れておけば、プラスになることはあってもマイナスになることはないでしょう。

 

実際僕も、大学生のころにまったく興味がないのに「航空管制」の本を買って読んだことがありました。

 

その本で得た航空無線の通信用コード(アルファA、ブラボーB…)を覚えておいたおかげで、社会人になった時、たまたまそのコードの知識が仕事上必要になった際、非常に役立った経験があります。

 

こんな特殊な機会はあまりないでしょうけど、知識はいくら知っていても知りすぎるということはないので、たまには普段読まないジャンルの本を読んでみると人生で役に立つことがあります。

 

メリット2、普段絡まない人と仲良くなれる

メリットの2つ目は、普段交流のない人とも仲良くなれることです。

 

普段は読まない種類の本を読んでいると、その様子を見て、これまでほとんど話したことがない人が自分に対して興味を持ってくれることがあります。

普段絡まない人と話をすることでたくさんの情報を手に入れることができたり、相手の人の意外な趣味を知ることができたりします。

 

先ほどの航空管制の本を読んでいたときには、大学でたまたまその本を机の上に出していたとき「おまえ、飛行機に興味あるの?」みたいな感じで、普段あまり話すことのない人が話しかけてくれたことがありました。

その人は戦闘機マニアだったのですが、普段ほとんど接点がないので、普通にしていたら仲良くなったり話をしたりすることはなかったでしょう。

 

意外な人と仲良くなれたりするので、興味のないジャンルの本でもたまには読んでおくといいです。

サラリーマンの方であれば、「釣りバカ日誌」のように社長と仲良くなれたりするかもしれません。 

 

専門外の本を読むメリット(まとめ)

たまにはいつもと違うジャンルの本を読むと、意外なところで役に立ったり人生がさらに楽しくなったりするかもよ!という話でした。

 

  1. 意外な場面で役に立つ知識が入手できる
  2. 普段絡まない人との交流ができ、新たな人脈や知識が手に入る

というメリットがあります。

  

ときどき書店に立ち寄り、目隠しした状態で本を選んでみてください。

選んだらその本は必ず購入し、興味がなくてもすぐに読みましょう。

 

このときの注意としては、必ず”購入”することです。

図書館で借りたり誰かから貸してもらったりするのではなく購入することで、「お金を出したんだから、絶対にこの本の内容を吸収してやる!」という意欲につながります。

積ん読も避けられるので、効果が高いです。

 

日々の生活に退屈感やマンネリを感じている方は、普段読まないタイプの本を読んでみてください。

その分野では初歩的な知識でも、ずぶの素人にとっては意外な発見があったりして楽しいですよ!

 

 

凡人と天才、正反対なクリエイター2人の葛藤を描く「左ききのエレン」

 

 

左利きについてブログを書いたときに見つけた「左ききのエレン」。文章というかたちで新しい作品を世に生み出し続けている「クリエイター 」の端くれとしてハマりました。

才能の無いクリエイターと”天才”の苦悩を描く

広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一。納得出来ない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。そこは、彼が初めて「エレン」という才能と出会った場所で…。

 「左ききのエレン」は自分には才能がないと気付いてしまった1人とデザイナーと、生れつき絵を描くために生まれてきたような天才画家の出会いと葛藤を描いた作品。

才能とかセンスがない「凡人」の自覚があるクリエイターには共感できる内容となっています。キャッチコピーも秀逸。

f:id:matomepro:20180308094619j:plain

主人公は広告代理店で働くデザイナー朝倉光一。「いつか、なにかになること。」を目標にしているが、日々の仕事に忙殺される毎日。

 

f:id:matomepro:20180308095111j:plain

 

寝る間を惜しんで完成させた企画がとおり、やっと自分の仕事が認められたと喜んでいたのですが・・・

 

f:id:matomepro:20180308095826j:plain

 

f:id:matomepro:20180308095832j:plain

 

f:id:matomepro:20180308095835j:plain

 

デザイナーといっても大企業の中では実力がなければ下っ端中の下っ端。サラリーマンクリエイターのつらいところですね。

 

f:id:matomepro:20180308100315j:plain

 

失意に沈む光一は、1人の”天才”と出会った高校時代のことを思い出し・・・という流れからストーリは始まります。

 

登場人物の説明がほとんどないので人間関係について分かりにくい部分もありますが、このあと登場する天才「山岸エレン」を絡めた「才能に恵まれたもの」「才能の無いもの」それぞれの挫折や苦悩、諦め、嫉妬、奮起など、感情表現に見せられてぐいぐい引きこまれました。

 

絵を描いたことがある人と描いたことがない人とで賛否両論あるとは思いますが、「自分が天才でないと気付いてしまった人」「それでもあがき続けている人」に大変おすすめの本ですので、まずは一冊読んでみてください。引きこまれますよ。

 

 

疲れをコントロールした者が仕事を制する!全力で働くために「明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術 」を読んでみた

どうやったら効率的に働くことができるか?を考えていたら良い本に出会いました。仕事で溜まった疲れをコントロールし 、常にフルスロットルで働きたい方におすすめの一冊。

 

疲れはコントロールするもの

  • 疲れには「肉体的疲労」「精神的疲労」「心理的疲労」の3つに大別されてる
  • 日本人はルールを守ることや 几帳面にやることは苦にならないが、変化によるストレスに弱い
  • ストレスに強い人とは、 あきらめと前向き姿勢のバランスがよい人
  • 日々の食事でコンディション、パフォーマンスは劇的に変わる
  • 眠気は我慢せず、溜まった疲れは早寝で解消すべし

疲れを溜めない仕事術

  • イムリミットを決めることで、仕事の効率を上げる
  • 人間の集中力は1時間が限界。適度に休みをとりながら作業する
  • 無駄な仕事は徹底的に削ることで仕事の生産性が高まり、疲れを溜めずに済む
  • 仕事は「完璧じゃなくてもいいから、速く」すれば、翌日に持ち越さずに済む
  • 「断る技術」「他人に任せる技術」を磨くことで、余計な仕事から解放される
  • 「勉強の時間」を取り入れることで、さらに仕事の効率を上げることができる
  •  相手の話をよく”聴く”ことで、職場でのコミュニケーションに伴うストレスはかなり減らせる

翌日に疲れを持ち越さない休息術

  • 休む・息抜きをする・サボることに罪悪感を感じる必要はない
  • 自分が思ってるほど会社や上司はあなたのことを見ていない
  • 休んだ時に思いっきり打ち込める「遊び」「趣味」を持つ

 良い仕事をするためには、心身ともに健康で万全の状態で臨むことが理想です。

しかし実際には健康状態に気を使っている人は少なく、肉体的・精神的疲労のせいで最悪なコンディションで働いているひとが多いのも事実。生産性を高めて良い仕事をしていくためには、自らの疲れをコントロールし、疲れない働き方、翌日に疲労を持ち越さない休息方法などを身に付け、万全の状態で働きたいものです。

 

これはサラリーマンや企業系経営者に限らず、学生やフリーランスにも当てはまります。日本人は疲労回復や健康維持にもっと気を遣ってもいいんじゃないかなぁ、と読んでいて考えました。 

 

本の中で紹介されていた「5分でできるストレスチェック厚労省)」をやってみましたが、僕はストレスの少ない働き方をしているのでこのような結果に。

f:id:matomepro:20180304141505j:plain

最近疲れてるなあ…とか、以前ほど趣味や遊びに打ち込め無くなったと感じている方は、ストレスチェックで自分の疲れを客観的に見つめなおしてみる必要がありそうです。

 

心拍数からストレスをチェックできる「 COCOLOLO(ココロロ)」というアプリもあるので、疲れが溜まっている方はこちらも試してみてください。

 

 

 〈有益な情報を配信するので”読者登録”もお願いします(^^♪〉