ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

はてなブログで過去記事を新着記事のように見せかけ、はてブとスターをもう一度もらう方法

f:id:matomepro:20180504162825p:plain

 

ブロガーにとっての悩みの1つが、過去記事がどんどん読まれなくなっていくことです。

 

後から書かれた新しい記事の中に埋もれ、検索エンジンからのアクセスがない限り、古い記事は徐々に読まれなくなっていきます

 

どうにかして古い記事に再び注目を集めたり、あわよくばスターやはてなブックマークをもらえたりしないものか?と思っていたら、このような記事を見つけました。

 

www.rupannzasann.com

 

僕もさっそく試してみました!

 

一度公開した記事を「下書き」に戻す

どうやって昔公開した古い記事に再びアクセスを集め、はてなブックマークやスターをもらえるようにするのかというと、

公開済みの記事を「下書きに戻す」んです。

 

はてなブログ 下書きに戻す

 

すでに公開している記事を下書きに戻して保存し、再度「公開する」に設定すれば新着記事として扱われます。

 

僕も先ほど、1カ月以上も前に書いた「効果バツグン! 約20円でできるツバメの巣対策」の記事を下書きに戻し、それから再度「公開する」で保存してみました。

 

記事の再公開後、記事一覧ページでは一番上に該当記事が表示されるようになり、さらに「購読中のブログ」でも上のほうに表示されるようになったので、自分のブログを読者登録してくれている方たちに対して新着記事としてアピールできるようになりました。

 

再公開 過去記事

 

再公開 購読中のブログ


これでどれくらいのアクセスアップ効果やはてなブックマーク効果があるのかわかりませんが、古い記事を目立たせることには成功しています。

この方法を使えば朝投稿した記事を夕方、夜中などに一度下書きに戻し、その後すぐに再公開することで、朝だけでなく他の時間帯にブログを見ている方たちにもアピールすることができます。

 

ふつう、ブログを書いた時に一番アクセスが集まりやすいのは、新しい記事を投稿したタイミングです。

新着記事の更新通知が登録読者さんの元などへ届くので、アクセスが集まりやすくなるわけです。

 

そして新しく書いた記事が一番よく読まれるタイミング、もっとも輝く瞬間も、「公開した直後」であることが多いです。

公開後に時間が経てばたつほど他の記事の中に埋もれていき、検索エンジンからのアクセス需要がない限りは、あまり読まれなくなっていきます。

 

しかし今回の方法を使うことで、古い記事や新鮮味の無くなってきた過去記事に再びスポットライトを当て、注目を集めることができます。

 

過去記事にスポットライトを当てることでブログ全体のアクセスアップにつながるし、良い内容の記事であれば「はてなブックマーク」「スター」などで評価してもらえるかもしれません。

 

ブログ記事を育てよう

この方法は、はてなブログの古参ユーザーの間では常識的なノウハウとして使われていたらしく、こうやって何度も何度も下書きに戻したり再公開したりすることで、徐々にはてなブックマークやスターを集めて、記事を「育てて」いるそうです。

 

僕みたいに「知らなかった!」という新参者のはてなブロガーさんは、自信のある過去記事などで試してみてください。

ブログをはじめたばかりで読者数も少ない時期に書いてほとんど評価されなかった過去記事も、読者数が増えてきてから再公開することで以前とは違った評価をしてもらえるかもしれません。

無料でできて、しかも今すぐできることなので、ぜひお試しあれ!