ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

投資初心者、ビジネスの初心者が失敗しないための方法(バフェットの名語録より)

投資 初心者 失敗 方法


「投資の神様」の本を読んでいたら、面白いことが書いてありました。

「投資の神様」とは、知る人ぞ知るアメリカの投資家「ウォーレン・バフェット」のことです。

 

バフェットの投資のルールである

  • ルール1:絶対に損をするな
  • ルール2:ルール1を忘れるな

はあまりにも有名。

 

そんなウォーレン・バフェットが『ウォーレン・バフェット 成功の名語録』の中で「自分にとって一番大事な顧客は自分自身」という内容を書いています。

 

ビジネスで失敗したくなければ何をしたらいいのか?

投資で失敗したくないなら何をすればいいのか?

の参考になるはずですので、これらに興味があれば続きをお読みください。

 

「自分にとって一番大事な顧客は自分自身」

バフェットが語った「自分にとって一番大事な顧客は自分自身」なんて言われても、「は?」って感じでなんのことかよくわからないと思うので説明しておきます。

 

一般的に、働いてお金を手に入れている方は、「会社のため」「家族のため」「お客様(取引先)のため」…という具合で、『自分以外の人のため』に働いていると思います。

 

たとえばサラリーマンの方であれば、「自分を雇ってくれている会社のため」だったり、結婚している場合は「家族のため」だったり、あるいは、「自社商品を買ってくれる消費者(お客さん)のため」に働いている場合がほとんどです。

なかには「俺は会社も家族もお客さんも関係なく、自分自身のために働いているよ!」という方もいるかもしれませんが、自分自身のために働いているという場合でも、よ~く突き詰めて考えると「自分の趣味のため」だったりします。

とにかく、純粋に「自分自身のため」に働いている人は少ないわけです。

 

しかしウォーレン・バフェットは違いました。

バフェットはいつも、会社や顧客のために働くのと同じくらい、自分自身のために働いていたそうです。

 

「自分自身のために働く」とは具体的には何をしていたかというと、「自己投資」です。

本を読んで勉強したり、業界の最新ニュースを仕入れたり…自分自身を成長させるために時間を使います。

他人のために働く前に、自分自身のために働いていたんですね。

 

ビジネスでも投資でも、最も重要な資本は「自分自身」

ビジネスや投資の現場では、よく「資本」という言葉を使います。

新しく事業を始めたり投資で資産を増やしたりする際の、軍資金となるお金や材料のことです。

 

たとえばカレー屋さんをやる場合、一般的にはお米やカレールーといった食材の他に、

  • 炊飯器
  • お皿
  • テナント(お店)

などの資本が必要になります。

 

ブロガーとして事業をやっていくなら、

  • パソコン
  • インターネット環境

が必要な資本です。

 

しかしここに書いた資本のうち、実はもっとも大事な資本は書かれていません。

 

もっとも大事な資本は何かというと、自分自身です。

 

言うまでもないことですが、なにか事業を始めたりする際には必ず自分自身が必要になります。

自分がいなければ何も始められないわけです。

 

当たり前すぎて見落としてしまいがちですが、この自分自身という資本を軽視している場合がよくあります。

 

自分自身が完璧な状態でないと、良い成果を出すことはできません。

カレー屋さんをやるのであれば、どんなに良い食材が揃っていても、最新の炊飯器で炊いたご飯があったとしても、カレーを作る自分自身の腕前が三流であれば、三流のカレーが出来上がります。

あるいはカレーの腕前は一流でも、風邪をひいて心身共にヘロヘロの状態だったら、やっぱり美味しいカレーは作れないでしょう。

 

自分という資本がいかに大事なのか?

もっとよくわかる例が、スポーツ選手です。

 

野球でいえば、

  • 職人が作った最高のバット
  • メーカーから提供された最高のスパイクシューズ
  • 最新科学を取り入れた最高のグローブ

を持っていたとしても、自分自身が体力もないし練習もしていない状態だったら、良い成果は残せません。

 

逆に、

  • バットはその辺で拾った木の棒
  • 普通の運動靴
  • ボロボロのグローブ

でも、みっちり練習を積み重ねていて体調も万全の状態であれば、試合に出ても良い成果が残せたりします。

 

なにをするにしても一番大事な資本は「自分自身」なんです。

 

レベルアップすれば相応しい成果が付いてくる

料理でも、スポーツでも、投資でも、ビジネスでも考え方は一緒です。

良い成果を残したければ、自分自身を磨く必要があります。

 

そして他人のために働くよりも前に、まず最初に自分自身のために働く必要があります。

他人のために働いたときと違って自分のために働くときは、サボったり休んだりしても誰からも文句を言われないので、ついつい後回しにしがちですからね。

だから一番最初に、自分自身のために働くようにします。

 

ビジネスで失敗したくなければ何をしたらいいのか?

投資で失敗したくないなら何をすればいいのか?

 

答えは、自分自身を磨く、自己投資をする、自分自身の能力を高めるために時間を使うことです。

 

投資家として成功したいなら、朝起きたら投資の本を読んで勉強したり、経済ニュースをチェックして投資の戦略を練ったりします。

勉強したことが身に付いていれば、徐々に成果が出てくるはずです。

 

ブロガーとして生活できるようになりたいなら、ブログの書き方の勉強をして、すぐに勉強したことを自分のブログに反映させます。

やり方が間違っていなければ、徐々に成果が出てくるはずです。

 

とにもかくにもまずは自分自身をレベルアップすることに時間を注いでいけば、ビジネスの初心者だろうと投資初心者だろうと、スポーツの初心者だろうと、失敗を減らし、成功に近づくことができます。

 

僕が言っても全然説得力はないと思いますが、「投資の神様」であるウォーレン・バフェットが言っているのですから、まず間違いありません。

 

「自分はまだまだだな。」とか「なぜかうまくいかない。」「この分野で成功したい!」と思えるようなことがあれば、まずは自分自身を高めることにお金と時間を使いましょう!

 

自分自身がレベルアップすれば、レベルアップした自分に相応しい成果が”後から”付いてきます。

タイムラグがあるので心配になることもありますが、レベルアップするための手段が正しく、なおかつ学んだことをちゃんと実践していれば必ず成果が出るので、自分自身のレベルアップのために時間やお金を使ってみてください。

まずは自分自身のために働くのです!