ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

世界有数の大金持ち「ビル・ゲイツ」を怒らせる方法。手段と目的の逆転現象について

 

時間管理の本を読んでいたら面白い話を見つけたのでご紹介します。

筆者は一流のプログラマーで、マイクロソフト社でパソコンの基本ソフト「Windows」の開発にも携わったことがある方です。

そしてマイクロソフトの会長であるビル・ゲイツとも直接話をしたり仕事ぶりを間近で見たりしたことがあるそうなのですが、ビル・ゲイツの価値観がわかる面白い話がのっていました。

「こういうことをするとビル・ゲイツは激怒する」というもので、非常に興味深かったです。

指示の意図を理解していない奴には容赦なくキレる

ビル・ゲイツが怒る一例として、こんなものが書かれていました。

 

ビル・ゲイツがとあるセレモニーのために、「会場を花で飾ってくれ」と社員に指示したとします。

そして指示された社員が花屋さんに注文を出してセレモニー開始前までに花が届くように手配したのですが、雪のために道路が混雑し配達が遅れたと仮定します。

こういうとき、ビル・ゲイツは烈火のごとく怒るそうです。

 

雪で配達が遅れたのなら仕方なくね?社員に非はないんだから怒らなくてもいいじゃないか?

と思うのですが、ビル・ゲイツにとってはそんなことは関係ないそうです。

なぜなら、ビル・ゲイツが社員に指示したのは会場を花で飾ることであり、花を注文することではないからです。

 

「会場を花で飾ってくれ」と指示されたら「花屋に注文を出しておけばOK」だと勘違いしがちです。

しかし花を注文するのはセレモニー会場を花で飾るための手段でしかなく、本来の目的(セレモニー会場を花で飾ること)とは違います。

 

だから花屋に注文を出して仕事が終わったと勝手に勘違いしたうえに、ビル・ゲイツが求めていた『セレモニー会場を花で飾る』という目的を達成することもできなかったので、烈火のごとく怒るんだそうです。

 

もしも手配した花屋が交通渋滞のせいで時間通りに花を届けることができないのであれば、近所の花屋を駆け回ってセレモニー用の花をかき集めるなどして、社員はなにがなんでもセレモニー会場を花で飾らなければなりません。

「手段と目的を間違えるなよ」というビル・ゲイツの強い意志を感じますね。

手段と目的を間違えるな

いまのは単なるたとえ話に過ぎませんが、手段と目的がいつの間にか入れ替わってしまい、手段そのものが目的化してしまうことがよくあります。

 

たとえば「副収入(お金)が欲しいからブログを書く」という場合、いつの間にかブログを書くこと自体が目的化してしまって、「今日も更新できた!」とまったく収益化できていないのに満足感に浸ってしまうことがあります。

  • 本来の目的:お金を稼ぐ
  • 入れ替わった目的:ブログを更新する

という具合です。

 

ブログはお金を稼ぐ手段の1つに過ぎず、お金が欲しいのであれば他にも転売やアルバイト、クラウドソーシングなど手段はいくらでもあります。

お金を稼ぐための”手段”としてブログを選んだはずなのに、まったく稼げないブログにいつまでもこだわって更新を続けたりするのは手段と目的が逆転してしまっています。

  • 本来の目的とは?
  • 目的を達成するための手段は他にはないのか?

を定期的に振り返り、目的達成のための最適な手段を選んでいくことが重要です。

手段と目的が逆転してしまった例

手段と目的の逆転現象の身近な例をいくつか考えてみました。

 

・ミニマリスト

  • 目的:やりたいこと、大切にしていることに集中できる環境をつくる
  • 手段:モノを減らす

↓  ↓  ↓

モノを減らすこと自体が目的化してしまう。

 

・投資家

  • 目的:資産を増やす
  • 手段:株・債券・通貨・不動産などを価格が安いときに買い、価格が高くなったときに売る(転売)

↓  ↓  ↓

資産を増加させることを忘れ、株を買うこと自体が目的化してしまう。優待族に多い。

 

・飲み会

  • 目的:職場の人たちとのコミュニケーションを円滑にし、仕事をやりやすくする
  • 手段:一緒に食事をする

↓  ↓  ↓

酒を飲んだりダラダラと食事をすること自体が目的化してしまう。

 

・年金・保険

  • 目的:将来への備え。何かあった時でも最低限の生活が送れるようにする。充実した医療を受けられるようにする。
  • 手段:保険料の納付

↓  ↓  ↓

将来最低限の生活が送れるほどのお金がもらえないことがわかっているのに、保険料を納めること自体が目的化してしまう。

 

・仕事

  • 目的:人生を楽しむためにはお金が必要なことが多いので、そのための必要な資金を作る
  • 手段:働く

↓  ↓  ↓

働くこと自体が目的化し、人生を全く楽しめていなかったり仕事のために人生を棒に振ったり、仕事が原因で病気になったり、仕事から逃れるために自殺したりする

 

・資格

目的:やりたい仕事をするのに資格が必要

手段:資格取得

↓  ↓  ↓

資格取得自体が目的化してしまい、仕事に活かせていない。

 

いくつか挙げてみましたが、けっこうやりがちだと思います。

僕自身、まったく儲かっていないのにブログを書き続けていたり、資格を大量に取得したり株を買って損失を抱えたりFXで大損害を被ったり・・・ひどい有様です。

 

手段と目的の逆転現象は他人に指摘されるとイラッ☆彡とするものなので、できれば自分で気づいて修正したいものです。

ビル・ゲイツの例みたいに怒られることもなくなります。

 

今回の元ネタになった本↓です。

時間管理の方法や効率的な受験勉強の方法、仕事の納期を厳守するテクニックも載っているので非常にタメになります。

Amazonプライム会員ならキンドル版が無料で読めるので、プライム会員の方はご一読を。