ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

ブログの収益化に必要な「記事の書き方 王道の3種類」~もしもアフィリエイトから~

〈PR〉 6月17日23時59分まで

Amazonの父の日ギフト タイムセール開催中!焼酎や雑貨が5~10%OFFです。

⇒【Amazonの父の日ギフト タイムセールを見に行く

f:id:matomepro:20180514164944p:plain

もしもアフィリエイトには初心者ブロガーや初心者アフィリエイター向けに、記事の書き方やブログの作り方を解説したページが用意されています。

今回はそのページの内容のうち、特に重要だと感じた「記事の書き方 王道の3種類について」を個人的な体験談を交えながら解説しました。

  • 記事の書き方がわからない
  • 何を書いたら良いのかわからない

という方は、参考にしてみてください。

 

解説系記事

まず王道の1つ目の記事は、「解説系の記事」です。

ニュースやノウハウについて、初心者でもわかるくらい丁寧に解説する記事のことですね。

 

たとえば僕のブログでいえば、

運賃無料のタクシー「nommoc(ノモック)」が抱える問題とは?移動が無料になる時代がもうすぐ実現するかも」(ニュースの解説)

わずか10分で完成!Twitterのオリジナルヘッダー画像を作る方法」(ノウハウの解説)

などが該当します。

 

解説系の記事を書くときに意識することは、

  1. 初心者にも理解できるくらい丁寧にわかりやすく書く
  2. 他のブログには書かれていない情報を盛り込む
  3. その情報がどのように役に立つのか?を書く

の3つです。

 

中学生でもわかるように書く

記事を書く際は、中学生でも理解できるくらい丁寧に書けば大丈夫です。

なるべく専門用語を使わないようにしたり、専門用語を使う場合でも必ずその言葉の意味について解説するようにします。

 

専門用語を使うとなんだか頭が良さそうに見えますが、実際には専門用語を使っても頭は良くなりませんし、ブログを読んでいる人からの印象は良くないです。

なるべく誰にでも理解できるくらい丁寧に書くのがコツです。

 

オリジナルの情報を盛り込む

ブログを書く場合、他のブログと同じことばかりを書いていても差別化できません。

読者さんに「あっ、この内容、他のブログで読んだ内容と全く同じだ!」と思われたら終わりです。

 

自分のブログを選んでもらえるように、自分のブログにしかない情報や価値を提供します

 

典型的な悪い例は新聞社のニュースサイトです。

新聞社のニュースサイトはどのサイトを見ても同じことしか書いてないので、読んでいてつまらないし差別化もできません。

 

訪問者さんに「またこの内容か…。」と思われて、×ボタンをクリックされてしまいます。

 

  • 説明用の画像をのせる
  • 専門サイトへのリンクを貼る
  • 個人的な感想や見解を書く

など、僕は自分のブログだけの、オリジナルの情報を必ず1つは盛り込むように気を付けています。

 

その情報を知るメリットを書く

記事を読むメリットを伝えておくのも大事です。

ノウハウやニュースを解説するだけでなく、そのノウハウやニュースについて詳しく知っていることで、どんなメリットがあるのか?を伝えるようにするんです。

 

メリットは特に書かなくても、たいていは「物知りになれる」というメリットがあるのですが、基本的にヒトという生き物はメリットがないと行動しない生き物なので、

この情報を知ることでどのようなメリットがあるのか?

を伝えるように心掛けます。

 

感想(レビュー)記事

他のブログと簡単に差別化できるのが、感想・体験談を書くレビュー記事です。

自分が実際に体験したことや商品を使ってみた感想を書くだけなので書きやすく、かつ、他のブログにはない完全にオリジナルな記事が作れます。

 

レビュー記事はとても書きやすいのですが、アフィリエイトするのであれば

「なぜ、その商品・サービスがおすすめなのか?」

「なぜ、その商品を使おうと思ったのか?」

を書いておくといいです。

 

僕のブログでは

凡人と天才、正反対なクリエイター2人の葛藤を描く「左ききのエレン」

が該当します。

www.matome-pro.com

比較記事

「ブログを収益化したい!」「稼げるサイトを作りたい!」というのであれば、比較記事は必須です。

 

一般的な企業のサイトでは自社商品しか紹介しませんが、ブログでは複数の会社の商品を自由に比較しながら紹介することができます。

 

訪問者からすれば1つのページを見るだけで複数の商品を比較・検討できるのはそれだけで価値になりますし、ブログやウェブサイトを作るなら必ず1ページは比較サイトを作っておきたいものです。

 

比較記事を書くときは商品の性能や特徴だけでなく、

  • その商品が役に立つシーン
  • その商品を購入するときの決め手になるポイント

を盛り込むようにします。

そうすることで、「あっ、この商品は僕にぴったりな商品だ!」「このサービスは私が使うべきサービスだ!」と感じてもらえるので、商品の成約率が高まります。

 

なお、僕のブログで参考になりそうな比較記事は…まだ書いてないですね!

これから書きます。

 

まとめ

もしもアフィリエイトに記載されていた「記事の書き方 王道の3種類」について解説しました。

3種類の記事とは

  1. 解説系記事
  2. 感想(レビュー)記事
  3. 比較記事

の3つでしたね。

 

今回は解説系の記事なので、僕のブログだけのオリジナルの内容も書き加えておきました。

元ネタである「アフィリエイトで成果を伸ばすための37箇条」についてはもしもアフィリエイトに登録すればいつでも無料で読めます。

記事の書き方だけでなく

  • SEO(検索エンジン対策)
  • 著作権違反対策
  • 記事作成を外部委託するコツ

についても書いてあるので、ブログ初心者~中級者の方は勉強になる内容です。

登録自体は無料ですので、ブログをやっている方は参考にしてみてください。

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」