ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

こんな案件は要注意!クラウドソーシングで気を付けたいライティングのお仕事・記事執筆依頼

クラウドソーシング

 

ランサーズやクラウドワークスなどのサイトを利用し、在宅で仕事を受注できるクラウドソーシングという働き方が話題になっています。

空いている時間を使って自分の得意な仕事ができるため、主婦や大学生、副業を探しているサラリーマンなどに人気なようです。

 

非常に便利なクラウドソーシングですが、中にはやりがいがなく時間の無駄に終わるような仕事の依頼も見つかります。

今回はクラウドソーシングのうち文章を書くことで対価を得る「ライティング」の仕事の中から、避けた方が良い依頼や受注すべきではない案件をご紹介します。

副業や在宅ワークでライティングの仕事を探している方はご参考に。

単価が異常に安い仕事

クラウドソーシングをする際、ライターが気にする数値に「文字単価」があります。

文字単価とは1文字当たりの報酬額のことです。

 

計算式は 報酬金額÷文字数=文字単価

 

たとえば

  • 「1記事100円、1,000文字以上の記事を書いてください」という仕事であれば、1文字当たりの単価は0.1円
  • 「1記事2,000文字以上、報酬は3,000円~お支払いします」というのであれば、文字単価は1.5円

になります。

 

1時間あたりに打ち込める文章量(文字の量)はほとんど変わらないため、文字単価は高ければ高いほど効率よく稼ぐことができます

1時間で1,000文字書ける人であれば、

  • 文字単価0.1円だと時給100円
  • 文字単価が1.5円だと時給1500円

という具合です。雲泥の差がありますね。

 

クラウドソーシングでは文字単価が異常に安い仕事の依頼がよくあり、文字単価0.1円という案件もザラにあります。

僕も「300文字300円~(文字単価は1円)」というタスクを受けたことがあるのですが、あとでよく見たら

 

32円/件 (文字単価は0.1円)

 

となっていることに気付き、こんな顔↓になったことがあります。

 

間が男 アスキーアート


どんなに一生懸命仕事をしたところで、単価が安いのではお金が貯まりません。

ライティングの仕事を受ける際は「文字単価が安すぎる案件」はスルーしましょう。

最低でも文字単価1円は欲しい。なかなか見つからないけど・・・。

 

コピペコンテンツを量産する仕事

【リライト作業募集※経験者優遇】という募集を見つけて、どんなものかな~と覗いてみたら詳細はこんな感じでした。

 

コピペ ランサーズ

 

仕事の詳細が書いてありますが、ザックリ言ってしまうと『指定したサイトの内容をコピペ率50%以下に抑えつつリライトしてくれ』というものです。

 

いろいろツッコミどころはあるのですが、まず、記事タイプがオリジナルになっていることにツッコミたい!

「このサイトの内容をリライトしてくれ」とコピー元を指定しているのに、記事タイプが”オリジナル”とはこれいかに?

 

単価が安いのは”リライト”だから仕方がないにしても、言ってることとやってることが矛盾してるよなあ…と感じます。

 

また、最後の方にある「作業時の注意点」も秀逸。

「コピーは通報 ブロックさせていただきます」となっているけど、このサイトからリライトしてくれ!とコピー元を提示しておきながら、「コピーは通報」とはいったいどの口が言えるのか?

 こういう仕事依頼があるからコピペコンテンツが大量生産され、著作権違反も増えるんだろうな…と、ネットの闇を見た気がしました。

 

それに、ライバルサイトの内容をリライト合戦してもアフィリエイター同士が消耗するだけです。

どうせライティングの仕事をするのであれば、もう少し意義のある仕事に参加したいものですね。

 

避けるべきライティングの仕事(まとめ)

クラウドソーシングは便利ではありますが、

  • 単価が安い仕事
  • コピペコンテンツを量産する仕事

を受注してしまうと時間と体力を消耗し、さらにインターネットの検索環境を悪化させることになります。

犠牲を払った割に得られるものは少なく、著作権違反に加担してしまうことにもなるので注意したいですね。

 

▼続き。規約違反の仕事募集もあるのでこちらも注意。

www.matome-pro.com