ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

【ネタバレあり】投資マンガ「インベスターZ」に出てくる投資に役立つ名言ベスト5

インベスターZ 画像
ドラマ化もされている投資漫画「インベスターZ」の中から、投資に役立つ名言をピックアップしました。

一部ネタバレを含むものなので、インベスターZをゼロから楽しみたいという方はご注意ください。

 

第5位「投資は遊び!ゲーム!マネーゲームさ!」

投資はゲーム インベスターZ 名言

ヒャッホー!!投資はゲーム!

遊びだぜええ!!

 

「投資」をなにか高尚で難しいものだとイメージしている方がいますが、全然違います。お金を使ってお金を増やしていく”ゲーム”です。

本質的には、魔法石欲しさに課金するソーシャルゲームとか、仲間と一緒に狩りをしたりするモンハンと一緒。

楽しいから投資をする。興奮するから投資をする。ただそれだけです。

 

投資もゲームと同じで攻略方法があるので、攻略方法を実践したり新しい攻略方法を見つけたりしながら思いっきり楽しみましょう!

「投資はゲーム」とは、そんな投資の面白さを教えてくれる言葉です。

 

第4位「金を掘ったヤツに金持ちはいない」

金を掘ったやつに金持ちはいない
アメリカで金鉱山が発見されゴールドラッシュに沸いた時、一番儲かったのは金を採掘した人ではなく、金を掘るためのシャベルを売った人や金鉱山まで人を運んだりした鉄道会社だったりしたそうです。

「これは儲かるぞ!」と話題になる株(テーマ株)がときどきありますが、話題の中心になる株よりも、その話題から連想される別の業種の方が儲かる場合があります。

 

とくに話題の中心になる銘柄は誰もが注目して買っていくので、自分が買う頃には高値掴みになりやすく利益を出しにくいです。

しかしテーマ株から連想される「関連銘柄」であれば、まだ注目されていないので値段が安いうちに買うことができ、大儲けできる可能性が高くなります。

 

金を掘ろうとするのではなく、連想される別の業種でお金を増やすことを考えろ!ということですね。

 

第3位「俺の猿の方が運用成績がいい」

俺の猿の方が運用成績がいい インベスターZ

投資をやっていると、自分が買った株がことごとく値下がりしたり、なかなか値上がりしないな~と思って売り払った直後にその株が高騰したりする場合があります。

こんなことが続くと、「あれ?もしかして、何も考えずに適当に売買した方が実は儲かるんじゃないの?」と思うことがあります。少なくとも僕はそういう経験を何度も何度も何十回も経験しています。

 

実際、 投資は

  1. 買った後に値上がりする
  2. 買った後に値下がりする

の2択を選ぶゲームなので、適当に売買しても2回に1回は上手くいく計算になります。

 

「俺の猿の方が運用成績がいい」というのはある意味投資の実態を表しており、2回に1回以上のペースで値上がり株を当てられないのであれば「猿にでも運用を任せた方がまだましだ」という投資家たちの心の声を代弁してくれています。

早く猿に勝ちたい…。

投資 利回り 猿以下

投資 利回り サル以下

 

第2位「優秀な人間が相談して出した結論なんてロクなもんじゃない」

株 失敗 相談 インベスターZ
「政治」や「会社の会議」を見ていればすぐに気づくと思いますが、いくら優秀な人がたくさん集まったところで、優秀な結論は出ません。

これは日本に限った話なのかもしれませんが、他の優秀なメンバーの顔を立てたり配慮したり、あるいは自分一人が責任を取らされるのが恐くて本当は良いとは思ってない案に賛成してしまったり…

とにかく、優秀な人が集まって相談して出した結論なんて、ロクなもんじゃありません。

 

どんなに優秀な人でも、群れると凡人になり下がります。

優秀な人は孤独でいるから優秀なんです。

 

投資も同じで、誰かと群れたり相談したりして出した結論は、たいてい失敗します。

もしも投資先を決めるのであれば、誰にも相談せず、誰からの意見も聞かず、自分一人で決めるのが鉄則です。

優秀な人間 相談 投資 失敗 インベスターZ

 

第1位「たかが金のことなのに」

たかが金のことなのに インベスターZ 財前

投資部のキャプテンが神代から渡辺に交代した直後、渡辺はプレッシャーに押しつぶされて投資部から逃げ出します。そんな渡辺キャプテンの行動に対して主人公・財前が放った一言。

実は「たかが金だ」は投資部で代々受け継がれて来た言葉でもあり、投資のプレッシャーを減らす最強の言葉です。

 

投資をする方のほとんどは、

「投資するからには儲け(リターン)を出さなければ」

「良い銘柄(金融商品)を選ばなければ」

「絶対に損をしたくない」

「もしも損をしてしまったらどうしよう?」

など、様々な思いを持ちながら投資しているかと思います。

 

しかし、そんな風に頭を悩ませるお金も、しょせんは「たかが金」です。単なる紙切れに過ぎず、あるいはデジタルデータの数字に過ぎず、あなたが悩まされるほどの価値はありません。

 

そもそもお金のことを「たかが金のことだ」と割り切れない方は投資なんてするべきではないでしょう。無くなっても平然としていられるくらいの金額で、余裕資金を使ってやるべきです。

 

「たかが金のことなのに」という言葉は、そういった投資における真理を一言で表現しています。

たかが金のことなのに インベスターZ 神代

 

まとめ

漫画「インベスターZ」の名言をご紹介しました。

インベスターZは投資の真理やお金のこと、世の中の金融商品の仕組みを知ることのできる良い教材です。

長くて文字ばかりで退屈な金融関係の本を読むよりも勉強になるので、投資に興味があれば買って読んでみてください。

 

インベスターZについてはこちらも参考にどうぞ。