ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

【スパイ適正診断】日本人エージェントになるべく、公安調査庁のミッションに参加してみた

〈PR〉 6月17日23時59分まで

Amazonの父の日ギフト タイムセール開催中!焼酎や雑貨が5~10%OFFです。

⇒【Amazonの父の日ギフト タイムセールを見に行く

公安調査庁 インテリジェンス スパイ 諜報機関


日本の諜報機関の1つとされている「公安調査庁」のホームページに面白そうなミニゲームがあったので、挑戦してみました。

その名も、INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE(インテリジェンス・スキルズ・チャレンジ)。

公安調査庁 ミニゲーム スパイ

INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE

 

諜報員(スパイ)の適性を調べるためのミニゲームで、

  • Aptitude Challenge(アプティテュード・チャレンジ)
  • Skills Challenge(スキルズ・チャレンジ) 

の2つがあります。

 

情報の収集・分析、どちらの適性があるかを調べる「Aptitude Challenge」

公安調査庁が担う諜報活動には、

  • 現場で情報収集活動をする「情報収集担当者」
  • 情報収集担当者が集めてきた情報を分析する「情報分析担当者」

がいるのですが、Aptitude Challengeではどちらの適性があるのかを簡易的に調べることができます。

 

24個の質問に回答することで、自分の適正値を見ることができます。僕も実際にやってみました。

Aptitude Challenge 公安調査庁

 

愛国心や記憶力、分析力、積極性、外国語への関心、人付き合いの得手不得手…などを自己評価で回答します。

Aptitude Challenge 問い


気になる僕の結果は…

 

Aptitude Challenge 公安調査庁 結果


う~ん…。どちらかというと情報分析担当者に向いているようですね。

007やイーサン・ハントに憧れていたのですが、現場で走り回ったり飛行機にしがみついたりするのは無理そうです。トホホ…。

 

制限時間内にミッションを達成せよ!「Skills Challenge」

もう1つのSkills Challengeでは、テロリストのアジトに潜入したという想定で、10分以内に情報取集と情報分析を行います。

Skills Challenge 公安調査庁

 

部屋が3つあり、それぞれの室内でカレンダーやパソコン、メモの内容などを調べ「なにが起こるか?」を探り当てるのですが、これがけっこう楽しかったです。

アイテムを調べるだけでなく、部屋の中の様子から読み取れる情報を集め、敵の狙いを調査します。

Skills Challenge 公安調査庁 スパイ

 

最後に

  • どんな情報を収集できたか?
  • テロリストの狙いは何なのか?

を見極めるための質問をされるのですが、僕の結果は…。

Skills Challenge 結果 分析

 

9問中7問正解!

正直難しかったです。

 

スパイになる気はなくても、ミニゲームのミッションに参加することで観察力や記憶力、分析力をチェックできるので楽しめます。

スパイに興味があれば挑戦してみてください。

INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE

 

公安調査庁とは

ミニゲームの提供元である公安調査庁とは法務省の外局で、「情報の力」で公共の安全を守る組織です。

危ない活動をしている団体の「調査」をしたり「規制」をしたりするのも仕事内容に含まれており、お役所的な役割とスパイ的な役割を合わせ持っています。

 

似たような組織としては、名探偵コナンに出てくる安室透でお馴染みの「警視庁公安部」や、ドラマ”相棒”に出てくる「内閣情報調査室」があります。

海外の情報機関ではアメリカのCIAやNSA、イギリスのMI5、MI6、ロシアのFSBが有名ですね。

 

いずれの組織も国家の治安維持のために情報を収集したり分析したりしているようなので、外国語が堪能だったり人と仲良くなるのが得意だったりする方は、採用試験に応募してみるのが良いでしょう。