ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

「おっさん」がブログを書いてはいけない理由2つと、おっさんブロガーが生き残る方法2つ

〈PR〉 6月17日23時59分まで

Amazonの父の日ギフト タイムセール開催中!焼酎や雑貨が5~10%OFFです。

⇒【Amazonの父の日ギフト タイムセールを見に行く

f:id:matomepro:20180421143001p:plain

 

唐突ですが、「おっさん」「おじさん」と呼ばれる人はブログを書くべきではない、いや、むしろおっさんはブログを書くな!というお話です。

 

30代の僕がこんなことを書くのもおかしいのですが、

「ふつうのおっさん」

「ただのおじさん」

はブログを書くべきではありません。

 

おっさんがブログを書くべきではない理由

おっさんがブログを書くべきではない理由は、主に2つあります。

 

1、おっさんに興味を持つ人はいない

福山雅治レベルのイケメンならまだしも、「ふつうのおっさん」に興味を持つ人はいません。

そのため、「おっさんであること」を前面に出すようなブログを書いても、誰にも読んでもらえずにネット上に独り言をつぶやき続けるような状態になり、それが苦しくなっていずれ更新停止するのが目に見えています。

 

また、ブログを始めるおっさんの大部分は、ブログからの広告収入を期待しているのではないでしょうか?

しかし、いま書いたようにおっさんに興味を持つ人はいないので、広告収入を目当てにブログを始めても99%失敗することになります。

ゆえに、おっさんがブログを書く意味はなく、意味がないのであれば最初からブログを書くべきではないし、もし書いたとしても時間の無駄になるだけという結論になりました。

 

2、おっさんのイメージは悪い

「俺は別に誰かに読んでもらいたいとか、ブログで稼ごうなんて考えてねーよ!自己満足で書いているだけなんだから別にいいだろ!」と思うおっさんも中にはいるでしょう。

 

しかし悲しいかな…、

おっさんは存在するだけで迷惑

と思われていることがあります。

 

なにも悪いことをしていないのに、存在するだけで、視界に入るだけで誰かを不快にさせている可能性があるんです。

 

たとえば子どもの頃、おっさんの先生が生徒からウザがられているのを一度や二度は見たことがあるのでは?

 

あるいは、家の中で父親が近くを通るたびに「チッ!」と舌打ちをしたことがあるのでは?

 

このように、おっさん、おじさんに対して悪いイメージを持っている人は多く、「おっさん」というだけで毛嫌いされてしまうことがあるんです。

これは現実世界に限らず、ネットの世界でも同じです。

 

おっさんというだけで「うわあ…(ドン引き)」ということもあるので、自分がおっさんであることを前面に出すべきではありません。

自分がおっさんだと触れ回っても、マイナスになることはあってもプラスになることはないです。

 

・・・と、こんな具合で、おっさんがブログを書いても良いことはないし報われません。

それどころか、おっさん自身が報われないだけならまだしも、知らず知らずのうちにインターネットの利用者を不快な気持ちにさせている可能性もあります。

 

おっさんがブログを書いても誰も喜びませんので、おっさんはブログを書かない方がいいわけです。

 

おっさんブロガーが生き残る方法とは?

「おっさんはブログを書くべきじゃない」とはいっても、それでもブログを書きたいおっさんはいるでしょう。

それに、30代、40代、あるいはそれ以上の年齢にも関わらず、ブログで成功しているブロガーもいます。

 

世間から嫌われているはずなのにも関わらず、なぜ彼らはブログ界で抹殺されることなく、生き残ることができたのか?

ここに「おっさんブロガー」が成功するヒントが隠されているはずです。

 

僕なりにその秘密を考えてみました。

 

1、「特別なおっさん」になる

「ただのおっさん」は存在するだけで邪魔者扱いされますが、なにか一芸に秀いでた存在としてブログの読者さんから認められるようになれば、話は変わってきます。

 

たとえばイケダハヤトさん強烈な個性の持ち主として読者から認識されています。

また、IT系の情報に敏感なので「イケハヤのブログを読んでおけば、半年~数年先に流行ることがわかる」と思っている読者も多いはずです。

 

このように「ただのおっさん」ではなく「特別なおっさん」にクラスチェンジしたことで、年齢的には間違いなく「おっさん」であるにも関わらずブロガーとして成功できています。

 

読者さんから「この人はただ者ではない」もしくは、「ふつうのおっさんとはちょっと違う」と思ってもらえるようにすることで、おっさんブロガーの生存率は飛躍的に向上するんです。

 

僕も毎日ブログを書き続けることで、「ただのおっさん」から「毎日ブログを書いているおっさん」にクラスチェンジしています。 

小さなことですが、ただのおっさんとは雲泥の差があります。

 

2、おっさんであることを隠しながらブログを書く

おっさんがおっさんであることを隠すことで生き残る方法もあります。

たとえば性別や年齢がわからないように「キャラクター」を使ってブログを書いていけば、ブログの内容がおっさんっぽかったとしても、なんとかごまかすことができます。

 

ポジ熊さんクロネさんクロネコ屋さんのように、一般的には「おっさん」と呼ばれてもおかしくない世代の男性ブロガーでも、キャラクターを使えばオッサン臭さを消すことができるんです。

 

「おっさんっぽさを隠す」という意味では、ネカマになるのもありだと僕は考えてます。

ただ、それはそれで疲れると思うし、常に読者を騙しながらブログを書き続けることになるので並大抵の精神力ではブログを続けられません。

 

 

やっぱりおっさんはキャラクター化してブログを書くのが一番いいんじゃないかな?と思ってます。

 

まとめ

おっさんブロガーは、

  1. おっさんという時点で誰にも興味を持ってもらえない
  2. 存在するだけで迷惑だと思われている可能性がある
  3. 生き残るには、読者から「特別なおっさん」と認識してもらう必要がある
  4. キャラクター化するとおっさんっぽさを隠すことができる

ということです。

 

個人的には、「3、読者から特別なおっさんと認識してもらう」が特に大事だと思っています。

 

ふつうのおっさんは迷惑な存在ですが、なにか特別なスキルや特徴を持っていれば、それは個性になります。

個性があれば他のブログや他のおっさんとも違う特別な存在になれるので、これからブログをはじめる「おっさん」は参考にしてみてください。

 

最後に、ツイッターで見かけたオッサンに関するつぶやきを。

 

 頑張ろうぜ!おっさん!

 

特別なおっさんになるヒント集

自己紹介をするだけで、通りすがりのただのおっさんではなくなります。

読者さんの記憶に残る自己紹介を書いてみましょう。

プロフィール記事の書き方!ブログ読者のハートを掴む自己紹介の内容と、専用の自己紹介記事を書くべき理由

 

ほとんどのブロガーは継続することができません。

毎日続けるだけでも差別化ができます。

ブログが続かないなら「マラソンカード」を作ると継続できるよ!

 

有名ブログから「人気の秘密」を探ってみるのもいいです。

はてなドメインを使っている「有名はてなブログ」5つを紹介!

 

おっさんブロガーは一刻も早く「ただのおっさん」を卒業しましょう!