ノーワーク・ベストライフ

働かない生き方を構築するためのウェブメディア。

ツイッターの量産型スパムアカウントを削除・凍結させる効果的な方法。通報の手順を解説!

スパム通報 ツイッター アイキャッチ

ツイッターで怪しいアカウントにフォローされたり、不審なダイレクトメッセージ(DM)を受け取ったりしたことはありませんか?

僕はよくあります、毎日のようにうさん臭いアカウントにフォローされます。

どいつもこいつも同じプロフィールでツイートしている内容も同じなので、量産型のスパムアカウントなのは明白です。

 

今回はそういったスパムアカウントを通報し、運営側に凍結や削除などの対応をとってもらう方法を解説しました。
こういう情報を書くのはどうなのかな?と思いつつも、スパムを減らす目的だから構わないだろうと自分に言い聞かせながら書きましたので、参考にしていただけると嬉しいです。 

量産型スパムアカウントの例

こんなアカウントをフォローする人っているの??って感じですが、量産型のスパムアカウントの例を最初にご紹介しておきます。

全部同じアカウントに見えますが、ちょっとずつ違ってるので間違い探しをしてみてください。

 

ツイッター スパムアカウント 佐々木

ツイッター スパムアカウント 佐々木2

ツイッター スパムアカウント 佐々木3

量産型スパムアカウントの例

 

ブロガー界で有名なアカウントのなりすましも発見しました。このプロフィールアイコン、どこかで見たことあるなあ…(オリジナルの方はスパムではありません)。

クロネ ブロガー スパムアカウント ツイッター画像

量産型スパムアカウントの例2

同じようなスパムアカウントにフォローされると、フォローされるたびに通知が来たりするのでちょっとウザいです。

ちなみにフォローされたからといってフォロー返しをすると、自動返信のダイレクトメッセージが届いたりします。

そういうメッセージにいちいち対応するのも面倒くさいんですよね…。

 

みなさん苦労しているようです。

 

スパムアカウントを通報する手順

こういう迷惑なアカウント(スパム)を見つけた場合はサクッとブロックするのが常識です。

ですがここでは、即ブロックするのではなく”通報”というひと手間を加えてみます。

通報することによって

  • ツイッターの運営会社の方でも対応を強化してくれたり
  • スパムアカウントの凍結が早まったり
  • スパムアカウントを量産している悪質ユーザーを排除して、同じようなアカウントが今後は作られにくくなったり

といった効果が期待できるからです。

 

ということで、実際に量産型のスパムアカウントをツイッター社に通報してみました。

 

スパムアカウントを探す

スパムアカウントの探し方ですが、スパムアカウントからフォローされたときなどに見つけることできます。

こちらから手間をかけて探す場合は、

  • 「月収100万@〇〇」などのキーワードでスパムユーザーを検索する
  • スパムユーザーのプロフィールページを見ているときに表示される「おすすめユーザー」をクリックする

などの方法で見つけられます。

ツイッター スパムアカウント

 

量産型アカウントを「なりすまし」で通報

スパムアカウントを見つけたら、そのスパムアカウントのプロフィールページへ行き、画面の端っこの方にあるメニューボタンから該当アカウントを通報します。

スパムアカウント 通報

 

「@〇〇〇〇さんを報告」をクリックをクリックすると問題の具体的な内容を聞かれるので、該当する選択肢を選びます。

今回は同様の内容をツイートしているスパムアカウントが大量にあったので、スパムアカウント同士でなりすましをしているということで通報してみました。

A、B、C・・・と大量に同じようなアカウントがあったので、

  • AがBのなりすましをしている
  • BがAのなりすましをしている
  • CがAのなりすましをしている

・・・といった形で、発見した量産型スパムアカウントをすべて通報します。

スパム通報 なりすまし

 

なりすましの場合は自分のアカウントがなりすまされた場合だけでなく、第三者のなりすましでも通報できます

そのため今回は「なりすましの被害を受けているのはどなたですか?」の画面で「第三者」を選択しました。

第三者の通報 ツイッター

 

次の画面で「なりすまされている人はTwitterアカウントを持っていますか?」と聞かれるので、「はい」を選んでスパムアカウントのユーザー名の1つを入力。次へと進みます。

なりすまし通報 Twitter

 

最後にブロックかミュートを選べるので、好きな方を選んで終了です。

スパムアカウントの通報 完了画面

 

あまりに大量の量産型スパムアカウントがあったのでついつい楽しくなって続けてしまったのですが、気付いたら29件も通報していました。

う~ん、いい仕事したなあ~(してない)。

スパム通報 ツイッターからの通知

 

ここまでアカウント1つの通報につき30秒くらいかかりました。正直なところ、少しですが手間がかかるし面倒くさいです。

でも手間をかけた分、普通にブロックするよりも効果が高くなるはずです。

 

実はこうやって他人の足を引っ張るようなことをするのは僕は好きではありません。

僕もブログを書くなどしてネット環境を汚している”同じ穴の狢”としての自覚がありますからね…。

 

しかしそれでも同じ穴の狢として、明白なスパムアカウントについては運営側に報告して、凍結や削除をしてもらえるように働きかけています。

その方が結果として僕の仕事もやりやすくなると思うし、僕もツイッターを使っているのでスパムアカウントは目障りだと感じていますので。

 

スパムアカウントを通報しまくった結果

量産型のスパムアカウントを通報しまくったところ、1時間くらいしてツイッターに通知が届きました。これから1件1件審査していくみたいです。

スパム通報したあと

 

それからさらに数時間後、今度は調査の結果報告が届きました。

ツイッター スパム通報の効果


29件報告して、たったの3件だけか…。

ツイッターにはもうちょっと仕事をしてほしいけど、他にも大量の通報があるだろうからこれが限界なのかもしれません。

 

【追記】

その後、さらに複数のスパムアカウントを消滅させることに成功しました。

当記事を参考にして通報してくれる方がいたからかもしれません。ご協力ありがとうございます。

 

楽しくツイッターを使おう

今回はツイッターで見つけた量産型のスパムアカウントを通報する手順をご紹介しました。

清く正しくツイッターを利用している方々には関係ない話ですが、ウ〇コ同士でウ〇コを投げ合っていると思って生暖かく見守っていただければと思います。

 

また、目障りな量産型スパムアカウントを発見した際には今回ご紹介した手順での通報にご協力いただけると幸いです。

1アカウントあたり30秒くらいで通報できますし、目障りなスパムアカウントが減ればツイッターが使いやすくなると思いますので。

 

スパム対策では”なりすましメール”への対策もあわせてどうぞ。

www.matome-pro.com